プロフィール

石の魔女 chica

Author:石の魔女 chica
【パワーストーン ティアラ】
茨城県猿島郡境町染谷15-35-3
080-5022-7119
営業時間11時~17:30 月曜定休

石占いは無料で承ります。
あなたにピッタリの石を見つけにいらしてください!
石探しのお手伝いもさせていただいております。


カテゴリ


FC2カウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


ホットあたたまるジャスミンティー。
ファミリーマートにあります。
とても美味しいですね。
今朝も買ってきました。

昨日店を閉める少し前に・・お客さま・・・
アニマルフィーリングと確か言っていた。
何しろ動物又昆虫でもすべて・・お話できるらしい・・。
すごい!
そういえば・・前にテレビで外国人がそんなことをして、話題になっていた。
へぇー!でも・・・
そんなことある・・・。

ワンちゃんの悩みといっていた・・・。
でもそれ・・自分の悩み・・・。
と思う。
まぁ、いいか。
又の来店あるらしいので待ちましょう。
と魔女は心で思いストラップのプレゼントしました。
そして・・・。
最後に帰るとき、後ろ姿が魔女に言いました。
もうこないよ・・・。と・・・。


曇り日は落ち着く・・・。

午後から魔女はドアを開け・・・。
散歩にいこうかな?


<ドアの向こうへ

魔女物語n>


ドアを開け・・
あれ!魔女の姿・・透明だよ。
よーぉーし!

魔女はある一軒のお家の前に来ました。
「まぁー立派な家だこと」
大きな門をすり抜けると・・・左に青々とした芝生・・。
そして、右側には50センチくらいの小さな葉が生い茂っている垣根・・・
「まぁ1きれいに刈り込んである。」

奥くに進むと・・。
両開きの高い玄関ドア。
「あれ、まぁ、魔女のドアとは大違いだ」
そっと開けてしのび足・・・。
透明人間でも気をつけなければ・・・。
良かった・・・だって、普通こんな家だと犬を飼っているでしょう。
犬はいないようです。

隣へ続く部屋をのぞくと・・・。
英字新聞読んでる。
頭はもうすでに白いものが混じり・・。
すでに髪の毛はほとんどないにしとしい。

テーブルの上にはほのかにゆげのたっているカップ。

すると・・。
あれっ。奥様かな・

お出かけのようです。
「私、でかけてきます」

そういうと、玄関のほうに出て行きました。
新聞を読んでいるご主人は返事もせず、新聞を見ています。
へぇー。
変な夫婦だなあぁ。

魔女はテーブルにそっと近づいてみると・・・。
あらっ。
人ではなく人形だぁー。
ここは・・・。
魔女は玄関のドアに行き、ドアを開けようとしましたが、
開きません。
窓だ・・。
窓も開かない・・・。

家の中は物音一つしません。
「どうしよう。」

今になって魔女は勝手に家の中に入ったことに後悔しました。

すると・・
外は、雨が降ってきたらしい。
そして雷だ。

魔女は窓のそとを呆然として見ていました。
そうだよ。
魔女には・・・できるんだよね。

見えないポケットから、小さな水晶玉を取り出し、口の中で・・。
・・・・。
ピカッー!ゴロゴロ。
魔女は水晶玉をにぎりしめたまま、気絶してしまいました。

どのくらいたったのでしょうか。

「うーん」
魔女は気を取り戻しました。
「あいててぇー。」
まわりを見渡すと・・・。
家がない・・・!

何も・・・何も・・・ない。
魔女は広い草原の中・・・。
見渡す限り・・・。

「えーっどうしたのかなぁー」
遠く向こうに大きな木が見えました。

痛い腰をさすりながら・・歩いて行くと・・。

大きな木には小さなドアがありました。
「魔女さん・・このドアを開けなさい」
魔女は開けてみました。


光がいっぱい差し込みました。
「はぁーい、いらっしゃいませ」

魔女は店に戻りいつものように、お客さまを迎えていました。
何事もなかったように・・・・。

終わり










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tiarapowerstone.blog14.fc2.com/tb.php/380-a5df6a48

 | ホーム |